がんの治療

【がんの治療方法】

がん治療は、「外科療法(手術)」、「放射線治療」、「化学療法(抗がん剤)」とが主となって行われることが多く「がんの三大療法」とも言われています。
この他にも、免疫細胞治療や造血幹細胞移植などもあります。
患者さんの体質や環境、本人の希望などからこれらの治療法をいくつか組み合わせて行うこともあります。

1、がんの三大治療

1)外科療法(手術)
がんが早期に見つかり、他の場所への転移が見られない場合や病巣が広範囲でなければ、手術により、病巣をまるごと切り取ってしまいます。また、病巣付近に転移があれば一緒に除去してしまいます。
こうすることで、がん細胞の転移や増殖する可能性を限りなく少なくすることができます。

(メリット)
・転移がなければ、完治する可能性がある。
(デメリット)
・体にメスを入れるため、回復に時間がかかる。年齢や体力次第では手術を行えない場も
ある。  
・骨髄や脳など手術に向かない部位もある。
・転移している場合や複数個所に及んでいる場合には取り除けない部分が残ってしまうた
め効果が薄く適用されない場合もある。
・臓器摘出により、その機能の一部またはすべてを失うこともある。

2)放射線治療
がんの病巣部(がんとその周辺)に放射線をあてることにより、細胞を死滅させます。
手術の場合と同様、がん病巣部に焦点を当て治療する方法です。
主に、頭頸部がん、子宮頸がん、肺がん、食道がん、前立腺がん、皮膚がん、悪性リンパ
腫などで行われています。
また、手術の前後に適用されることも多く、その目的は手術中に散らばった可能性のある
がん細胞の根治や、手術後の再発に対する治療です。
この他にも、がんによる患部の痛みや神経症状を和らげるという役割も持っており、その
目的で放射線照射を行うこともあります。

(メリット)
・臓器を切除することなく、がん病巣を治療できる。
・手術と併用することでより細胞を死滅させる可能性が高くなる。
・患部の痛みや神経症状を和らげることができる。
(デメリット)
・副作用により、照射部分に炎症をおこしたり、めまいなどの全身症状があらわれること
もある。

3)化学療法(抗がん剤)
抗がん剤を投与して、がん細胞を死滅させたり増殖を遅らせたりする方法です。また、病気の進行を遅らせたり、症状を和らげたりという役割も持っています。
手術や放射線治療と違ってがんの病巣部だけを治療するのではなく、他の正常な細胞にも影響を与えるので、副作用として様々な症状や痛みを伴うことが多くあります。しかし、投与された薬は血液を通して全身に行きわたるため、小さながん細胞や手術できない場所にも効果が期待できます。

(メリット)
・全身に作用が及ぶため、転移している場所や小さながん細胞にも効果が期待できる。
・病気の進行を遅らせたり、症状を和らげるという役割も持つ。
・乳がんや甲状腺がんなどホルモンが大きく関わっているものには、「ホルモン療法」という抗がん剤治療よりも比較的副作用の少ない治療も行なわれる。
(デメリット)
・脱毛、吐き気、しびれなど辛い副作用がある。
・免疫機能が弱ったり、造血器官に影響がある。
・がんの種類によっては、効果のほとんどないものもある。

2、その他の治療法

1)免疫細胞治療
患者さん自身の免疫細胞を採取し、体外で増殖・活性化させて再び体内に戻すことで、免疫力を強化し、自分自身の力でがん細胞を治療するという方法です。
近年、第4のがん治療として注目を浴びている方法になります。

(メリット)
・自分自身の細胞を使うので、副作用がほとんどない。
・他の治療と併用することで効果が期待できる。
・入院する必要がなく、外来で治療を受けられる。
・体力が落ちたり、副作用に悩まされるということが少ないため、今まで通り生活をおくることができる。
(デメリット)
・比較的新しい治療のため、取り入れている病院が限られている。
・費用が高い。

2)造血幹細胞移植
造血幹細胞移植が行われる時は、放射線療法や抗がん剤治療と併用されていることがほと
んどです。放射線照射や抗がん剤投与によって機能が低下した造血器官の回復や、投与上
限まで放射線や薬を投与する目的で行われます。
そのため、放射線療法や化学療法に効果が出やすい種類のがんに適用されます。