HIV

CloneSafety.org is committed to providing the public and the press with timely and accurate information about animal cloning that is backed by rigorous scientific research.

The website is sponsored by Bovance, Cyagra, stART Licensing, Trans Ova Genetics, and ViaGen, Inc., the world’s premier animal cloning and livestock genetics companies, in cooperation with the Biotechnology Industry Organization and leading scientists.

Cyagra, Trans Ova Genetics and ViaGen scientists have cloned more species and a greater total number of animals than any other companies or academic institutions. Their staff scientists include the global leaders in animal cloning and work with the top researchers worldwide. stART Licensing, a joint venture of Exeter Life Sciences and Geron, Inc., owns the rights to the
intellectual property used to clone Dolly, the world’s first cloned mammal, and subsequent improvements.

So here’s the thing about meat from cloned animals, which the FDA recently approved for sale and general consumption: It’s identical to ordinary meat. That’s the whole deal with cloning, see. If it’s not exactly the same, then it’s not a clone.

With wearying inevitability, a movement has sprung up in the wake of the FDA’s decision. They demand labeling and/or bans of cloned meat and milk on the state level. Rebecca Spector, West Coast Director of the Center for Food Safety, offers a perfect distillation the argument. “Since FDA refuses to wait for science to show what’s really happening with cloned animals, it is now up to individual states to protect consumers and their families.”

She wants proof that there is no possible harm from consumption of cloned meat. It is, of course, darned tough to prove a negative like this one.

The word clone has all kinds of scary connotations, which is most of the reason for the hoopla. America has been chowing down on modified corn and soybeans for years now to no ill effect. And those products are tweaked from their natural state–clones are just duplicated, which should make them even less threatening than their genetically-modified counterparts.

There are concerns that cloned meat could infiltrate the food supply in places that are less clone-friendly, like Europe, without anyone knowing. Testing, of course, would be impossible, since cloned meat is identical to non-cloned.

And so, the inevitable question: If it’s impossible to tell the difference between the meat of cloned cows and the meat of conventionally bred cows by any known means in a lab, then why should state governments force producers to make two steaks from literally identical cows bear different labels, one implying risk to the consumer?

The Washington Post is reporting that the U.S. Food and Drug Administration’s 968-page report will declare that meat and milk from cloned cows, pigs and goats are as safe to eat as foods from conventionally bred animals. According to the Post:

Scientists … looked at nutrient levels in meat and milk from a few dozen cattle and pig clones and hundreds of their progeny, and compared them with values from conventional animals. They measured vitamins A, C, B1, B2, B6 and B12 as well as niacin, pantothenic acid, calcium, iron, phosphorous, zinc, 12 kinds of fatty acids, cholesterol, fat, protein, amino acids and carbohydrates including lactose.

For almost every measure, the values were virtually the same. The few that differed were still within the range considered normal.

Separately, the agency looked at studies in which milk and meat from clones were fed to animals for up to 3 1/2 months. There was no evidence of health effects, allergic reactions or behavioral changes.

Let’s not forget that we have been eating clones for generations. Lots of fruits are clones, including grapes, bananas, and some varieties of apples.

The FDA may allow food produers to label their products as deriving from non-clones. Since at least some meats will derive from elite meat-producing animals, I personally will seek out cloned steaks when they become available.

The International Herald Tribune is reporting that European Food Safety Agency will approve meat and milk from cloned animals as safe to eat, too. This is good news for science-based decision-making, given that Europeans have often been ridiculously risk-averse when it comes to the food products derived from modern biotechnology.

どのようなHIVのテストの種類であり、彼らはどのように機能するのですか?

最も一般的なHIV検査は、抗体スクリーニング検査(免疫測定法)、あなたの体はHIVに対する抗体を作るためにテストします。

免疫測定法は、実験室または検査部位における迅速試験として実施することができます。

これは、血液または口腔液(唾液ない)を行ってもよいです。口腔液中の抗体のレベルは、それが血液中よりも低いため、血液検査は、口腔液の検査を行うよりも、露光後に早く感染を検索する傾向があります。

また、ほとんどの血液ベースのラボ試験は、迅速なHIV検査よりも暴露した後すぐに感染を見つけます。

いくつかの試験は、両方を検出することができ、より一般的に使用される抗体および抗原(ウイルス自体の一部)。

これらのテストは、以前の抗体のみを検出するテストよりも最近の感染を見つけることができます。

これらの抗原/抗体の組み合わせ試験は、すぐに3週間、ウイルスへの暴露後のHIVを見つけることができますが、それらは、テスト血液ではなく、口腔液のためにのみ使用できます。

ていないすべてのテストサイトは、デフォルトでは、このテストを提供しています。あなたは最近、HIVにさらされていると思われる場合は、お使いのプロバイダが知っているとこのタイプの試験が利用可能であるかどうか尋ねるようにしてください。

迅速テストは、スクリーニングのために使用イムノアッセイであり、30分以内に、迅速な結果を生成します。

迅速検査は、HIVに対する抗体を探すために、血液や口腔液を使用しています。

免疫測定法は、(ラボ試験や迅速検査)ウィンドウ期間(すなわち、暴露後で試験前の期間は、抗体を見つけることができます)の間に行われた場合、テストは、抗体を見つけられないことがあり、偽陰性の結果を与えることができます。

正であるすべてのイムノアッセイは、結果を確認するためのフォローアップ検査が必要です。

フォローアップ診断試験は、最初のイムノアッセイの結果が肯定的である場合に実行されます。

フォローアップのテストが含まれます:HIV-2からのHIV-1抗体を区別する分化テストを。直接ウイルスを検索し、HIV-1核酸増幅検査、または抗体を検出するウエスタンブロットまたは間接蛍光抗体法です。

一般的に非常に正確ですが、フォローアップのテストは、あなたとあなたの健康管理プロバイダは診断が正しいことを確認できるようになります。

あなたの最初のテストは、迅速試験であり、それが正である場合は、フォローアップテストを取得するために、医療現場に送られます。

最初のテストは、実験室の試験であり、それが正の場合、実験室は、通常、最初のテストと同じ血液検体に、フォローアップ検査を行います。

参照:性病検査キットおすすめ・・・性病の検査は、国の認定を受けた研究所にて検査をするようにしましょう。

ホームHIV検査

ホームアクセスHIV-1テストシステムとインホームHIV検査:現在は2つのホームのHIV検査があります。

あなたの家のテストを購入する場合、オンラインでHIV検査がFDAに承認されていることを確認します。

ホームアクセスHIV-1テストシステムは、血液サンプルを収集するためにあなたの指を刺しライセンス実験室にサンプルを送信してから、早くも翌営業日として結果を得るためで呼び出しが含まホームコレクションキットです。

このテストは、匿名です。テストが肯定的である場合、フォローアップ試験はすぐに実行され、その結果は、フォローアップ試験が含まれます。製造業者は、治療への機密カウンセリングと紹介しています。

自宅で採取した血液サンプルで実施した試験では、以前の口腔液で実施した試験よりも静脈から血液を使用して、ほとんどのラボに基づく試験よりも感染後以降の感染を見つけた。

居宅HIV検査は自宅で迅速な結果を提供します。

試験手順は、口腔液のサンプルのためにあなたの口を拭き取り、それをテストするためのキットを使用することを含みます。

結果は、20分でご利用いただけます。あなたが肯定的なテストをする場合は、フォローアップ検査が必要になります。

メーカーは、機密カウンセリングとフォローアップするためのテストサイトを紹介しています。

口腔液中の抗体のレベルは、それが血液中にあるよりも低いため、口腔液のテストは後で暴露後の血液検査を行うよりも、感染を見つけます。12人中1まで、この試験で偽陰性の結果を受け取ることができます。

HIVホームテスト詳細については、こちらをご覧ください。

RNAテスト

RNAのテストは、(代わりに、HIVに対する抗体の)直接ウイルスを検出するため、抗体が開発する前に、感染するとすぐそれが血流中に表示される後約10日で、HIVを検出することができます。

あなたの医者は、正の抗体検査の後、または臨床精密検査の一部として、フォローアップテストとして1を命ずることができるが、これらのテストは、抗体検査よりも、一般的なスクリーニングテストとして使用されていないがかかります。